炭酸パックランキング > 美肌と化粧品

美肌と化粧品

お肌に負担をかけないお手入れって?

美しい肌を保つためにかかせない化粧品たち。クレンジング、洗顔料、化粧水、美容液、乳液、クリーム…。美容系の雑誌やネットで紹介されるコスメの多さに「何を買ったらいいのか分からない」という方も多いでしょう。

でも、ちょっと考えてみてください。毎日、続けているお手入れが実は肌に負担をかけているとしたら、どうしますか?

ここで美肌と化粧品の関係について改めて考えてみましょう。

美しい肌を保つ、皮膚常在菌とは?

私たちの肌には表皮ブドウ球菌をはじめとする皮膚常在菌と呼ばれる菌が存在しています。菌というと汚いイメージがあるかもしれませんが、この皮膚常在菌には肌をしっとり保つための皮脂を作りだしたり、肌を健康な弱酸性の状態に保とうとするはたらきがあります。

皮脂によって肌がしっとりと保たれれば、肌がもつバリア機能が正常に機能し、健康で丈夫な肌を保つことができます。その他にも炎症や色素沈着を防いだりする効果もあると言われています。美しい肌を保つには、この皮膚常在菌の数とバランスを保つことが大切なのです。

しかし、過度のクレンジングや洗顔、SPF値の高いUVカットやそれを落とすための強力なクレンジングなどを常用したり、いろいろな種類の化粧品を肌にのせていると、この皮膚常在菌は生息できなくなってしまい次第に減少していきます。

皮膚常在菌が減るとさまざまなトラブルが

このようにして皮膚常在菌が減少すると、肌は乾燥してバリア機能が低下し、かぶれや炎症、しわなどのさまざまな皮膚トラブルを引き起こしてしまうのです。

肌が疲れているな…と感じたら、刺激の少ない洗顔料で洗顔したあと、保湿のみ行うなどシンプルなケアで肌の持つ力を高めてあげるようにしましょう。

肌断食などと言われていますが、時にはこうした肌の力を呼び覚ます「与えないケア」も肌には必要なのです。洗顔後に炭酸パックを使用して、皮膚肌自体の機能を高めるサポートをしておくのもよいでしょう。

皮膚常在菌を増やす生活をしよう

皮膚常在菌を増やすには適度な運動や入浴などで、しっかり汗をかくことが大切だと言われています。確かに定期的に体を動かしている人には肌のキレイな人が多いですよね。

忙しい毎日、体を動かしたり、ゆっくりお風呂に入る時間もとれないという方もいるかもしれません。しかし、本当に美しい肌は化粧品で作られるのではなく、体の中から作られるということを忘れないようにしましょう。この週末にでも、肌断食軽度の運動にトライしてみませんか?

ページの先頭へ戻る

clear