炭酸パックランキング > 炭酸パックのシミ対策

炭酸パックのシミ対策

炭酸パックでシミをケアしよう

UVカットクリームやファンデーションで紫外線対策はばっちり!と思っていても、気がつけばうっすらと肌に浮かんでくるのがシミです。

ある女性誌が男性を対象に行ったアンケートによると、女性の両頬にシミがある場合とない場合では、平均してなんと15歳も年齢が違って見えるという結果が出たのだそうです。

しかし、美白美容液だけでできてしまったシミを消すのは難しいと言われています。シミ対策にはUVカット、美白化粧品、そして炭酸パックでのトータルなお手入れが効果的です。では、炭酸パックのシミ対策効果について考えてみましょう。

古い角質と老廃物を排出しやすくする炭酸パックの効果

紫外線による老化を光老化と呼んでいますが、この光老化の影響として顕著に現れるのがシミです。シミは紫外線にあたって色素細胞がメラニン色素を作り出すことで起こる肌トラブルです。

シミを目立たなくするためには紫外線を防ぐだけではなく、メラニンを含んだ角質をスムーズにはがれ落ちる手助けをしてあげる必要があります。

炭酸パックは酸素を肌の真皮に与えることで、ターンオーバー機能を活性化し、老廃物を排出しやすくしてくれます。肌に残ってしまったメラニンを含んだ角質を排出することができれば、肌は徐々に透明感を取り戻していきます。

紫外線以外にシミを濃くする原因とは

シミの原因となるのは紫外線だけではありません。

特に30歳を過ぎると、「日に当たっていないし、UVケアもしているのにシミが濃くなってきた」と感じることも増えてくるのではないでしょうか。紫外線以外にもストレス喫煙、肌への摩擦、血行不良、ホルモンバランスの乱れ、睡眠不足などもシミを濃くしてしまうことがあります。

美白化粧品や炭酸パックでケアをしていても、顔を洗うときに肌をゴシゴシこすったり、煙草を1日に何本も吸っているようでは元も子もありません。

最近、シミが濃くなってきたかな?と感じたら、規則正しい生活を心がけ、スキンケアの見直しをしてみることも大切です。 ストレスを軽減させるために、ゆっくりと半身浴をしながら炭酸パックでお手入れしてみるのもオススメです。

今あるシミと、シミ予備軍の同時ケアに炭酸パックが効果的

シミは今、肌の表面にあるものだけがすべてではありません。

肌の奥にメラニンを含んだシミ予備軍ともいえる細胞が存在していることがほとんどです。シミのない透明感のある肌をキープするためには、炭酸パックでターンオーバー機能を正常化するお手入れが効果的です。また、日々の紫外線対策も怠らないようにしなければなりません。

他にも、ストレスを溜めないようにすることや、睡眠時間を確保すること、ビタミンCやEを多く含んだバランスの取れた食事を心がけることも忘れないようにしましょう。

ページの先頭へ戻る

clear