炭酸パックランキング > 炭酸パックのしわ対策

炭酸パックのしわ対策

見た目年齢を左右するお肌のシワには、炭酸パックで潤いを

エイジングサインの中でも特に老けた印象を与えてしまうのがシワです。

お肌にシワができる原因はいくつかあります。加齢によるエイジングサインの代表ともいえるシワですが、皮膚の薄い目の周りなどは30歳前後でもシワができてしまうことがあります

炭酸パックは肌に潤いを与えてシワを予防してくれる効果があります。ここでシワができる原因と予防するためのケアについて詳しくみていきましょう。

炭酸パックで乾燥によるしわを改善

シワができる大きな原因のひとつが肌の乾燥です。目元のちりめんシワなどはしっかり保湿するだけで、解消することもあります。お風呂上がりにはシワが目立たないという方は乾燥対策をばっちりすることで、今あるシワを解消できるはずです。

ちりめんシワの段階できちんとケアをしないと、肌の乾燥が進み、シワの数が増えていきます。シワ同士がつながることによって、より大きくくっきりとしたシワになってしまいます。ここまできてしまうと、シワを解消するのは難しくなってしまいます。

炭酸パックは肌の血行を促進することで、肌のすみずみまで栄養がいきわたるようになります。有効成分の経皮吸収効果もアップするため、コラーゲンやヒアルロン酸などの保湿成分が配合されている炭酸パックを使用すればより高いシワ改善効果を感じることができます。

炭酸パックで肌が内側からふっくらする理由

炭酸パックの炭酸ガスにはたんぱく質合成活性効果という効果があります。これは肌の細胞を組織するたんぱく質の一種であるコラーゲンを作り出す機能のこと。コラーゲンが新たに作りだされることによって、肌が内側からふっくらしてシワを改善してくれます。

さらにお肌のターンオーバー機能が活性化することにより、古い角質がはがれやすくなり肌表面のゴワつきが解消します。肌がふっくらと柔らかくなれば、化粧水や美容液などの保湿成分もより吸収されやすくなります。

しわは早め早めに手を打つことで、十分に改善できるエイジングサインです。反面、紫外線を無防備に浴びたり、乾燥を放っておくと、20代でもしわができることがあります。

炭酸パックでケアするだけではなく、紫外線をしっかり防ぐ、肌の中からふっくらさせるために良質のたんぱく質を含む食事をとるなどの基本的なケアも忘れないようにしましょう。

しわのない若々しい肌を保つには

お肌の見た目年齢を一気に老けて見せてしまう、目元や口元のしわ

炭酸パックの炭酸ガスには肌のターンオーバーを促進し、たんぱく質の一種であるコラーゲンを作り出す、たんぱく質合成活性機能があります。このことで、肌が潤いを保持できるようになるだけではなく、しぼんでしまった肌の密度が増してピンと張った肌が実感できるのです。

乾燥や紫外線によるしわを改善するためにも炭酸パックで肌の内側から潤いを保つようにしましょう。

ページの先頭へ戻る

clear